葬儀での香典・供物

葬儀のときに渡す香典については、通夜、葬儀、告別式のいずれのタイミングに渡してもよいことになっています。いつ渡すにしても受付を通します。包む金額については故人との交際の親密さや社会的な地位などを鑑みて決めます。しかし、むかしから弔辞として渡すときには幾分か多めに包むようするのが通常となっています。
香典を包むときの表書きは、葬儀の形式によって違うので注意が必要です。仏式の場合は「御香典」や「御仏前」とし、神式では「御玉串料」や「御榊料」、キリスト教式では「御花料」などとします。また、どの形式かわからないという場合にはどの形式でも通用する「御霊前」としておくのが無難です。いずれも墨を使って書き、あまり濃くくっきりとは書かず、気持ち薄めにしておきます。
正面上段中央に上記の表題を書き、下段に氏名を入れて黒白の水引をかけます。裏の折り返し部分には小さく金額を記入しますが、中包にも隅の方に控えめに金額と住所、氏名などを書いておきます。
葬儀などに仕事の都合でどうしても参列できないという場合や、遠方すぎて間に合わないという場合には、知り合いに託すか郵送をすることになります。郵送の時は現金書留とし、紙幣は裸のままにはせず半紙に包んで「御霊前」などと表書きします。もしくは不祝儀袋に入れたうえで現金封筒に入れます。さらにはまごころをこめたお悔やみの言葉を添えておくのがよい方法です。ですが香典は可能なかぎり郵送は避けた方がよいでしょう。