キリスト教式での葬儀

キリスト教における「死」とは、この世の苦悩から抜け出て神の国へ召されることを意味しています。そのため、キリスト教の葬儀では拝むのは故人その人ではなく、霊魂の永遠の安らぎを祈ることが中心となっています。キリスト教の葬儀は自宅で行われることはなく、教会を会場とします。また、仏式や神式と違って葬儀と告別式を区別することもありません。さらに、キリスト教の中でもカトリック式とプロテスタント式では微妙に式の順序や様式が異なります。
キリスト教式で行う葬儀の準備や進行は、身内が特に手伝うということはありません。すべて教会の信者が手伝ってくれるからです。祭壇には生花のみを捧げ、供物などを捧げることもありません。遺族が棺の両側に並び、聖書朗読や賛美歌合唱が行われます。
葬儀が終了すると献花の儀式が行われます。これは仏式の焼香に相当するものです。使われる花はカーネーションや菊などの白い色の花で、これを霊前に供えます。献花の仕方はまず係から花を渡されたら花弁が右側にくるように受け取り、そのまま霊前に静かに進んで頭を下げます。
献花をするときは花を手前に向け、すみやかに供えるようにします。そしてそのまま三歩ほど後退し、合唱をして故人の安息を神に祈ります。そのあとで牧師と遺族に一礼を行います。キリスト教式の場合、花輪は教会ではなく自宅に飾ります。女性の信者は黒のベールを被ることになっていますが、カトリックの信者でない会葬者は反対にかぶってはいけません。