神式での葬儀

日本において「葬儀」というと、仏式で行われることが圧倒的に多くなっています。ですが、神式やキリスト教式の葬儀も徐々に増えつつあるので、初めての弔問のときには最低限のマナーを守れるように気をつけましょう。
まず神式の葬儀ですが、神式で行う葬儀のことを正式には「神葬祭」といいます。神葬祭では、故人の霊が家にとどまり一家の守護神となるための儀式としての意味合いを持ちます。そのため、神社などの別の場所で行われることはなく、葬儀場や自宅で行われます。
神葬祭の祭壇には棺が安置されており、その周囲には忌竹が立てられます。参列者はまず神社で参詣する手順に従い手水(ちょうず)の儀をすませます。自宅で行う場合には白木の手水桶に桶台、水受け、柄杓、拭紙を用意して代用します。
一般参列者はまず祭壇の中央に着席し、斎主と祭員が左側、最後に遺族が右側に着きます。一同起立をし、斎主が榊の枝でお祓いをしたら礼拝となります。これを修祓(しゅうばつ)の儀といいます。続いて斎主が祝詞(のりと)を奏上します。祝詞が終わったら、故人の生前に好んでいた歌を祭員によって組織された楽師によって演奏し、続いて弔辞・弔電の披露となります。
それから玉串奉奠(たまぐしほうでん)という、仏式の焼香にあたる儀式が行われます。玉串奉奠は結婚式のときにも行われますが、葬儀のときと作法的には変わりません。ただし、葬儀のときのタブーとして二礼二拍手一礼のとき手を打つ音を立ててはいけないということがあります。