葬儀での立ち居振る舞い

葬儀で行われる焼香は、正式な方法はなかなかわかりづらく、覚えにくいものです。しかしその行為の意味を踏まえておけば、同じ行動をするにしても気持ちがこもったものになります。一般的な焼香の方法では、最初に僧侶と遺族、正面の遺影の順に一礼をします。合掌をして一礼をしたら右手の親指・人差し指・中指を使って香を少しだけつまみ、額の高さにかかげてから香炉の火の上に置きます。
この動作は仏、奉、僧に捧げるという意味で三回行う場合と、主香、従香の二回でとどめる場合との二種類があります。しかし、二回、三回と複数行うのは遺族や親しい友人などの間柄の人だけでよいとされており、一般の参列者は一回のみの動作でもよいとされています。
動作が終わったら再度合掌をし、遺族に再び頭を下げたら順路に従って自分の席に戻ります。現在の葬儀では主流となっている椅子を使った会場の場合は立礼で行われます。立礼の場合は会葬者が大勢であることが多いので、その場合は焼香後の遺族への一礼は省かれることもあります。式の時間的な都合などは葬儀社のスタッフによる誘導で行われるので、順次指示に従うようにしてください。
焼香を終えた人には、世話役から「清めの塩」が送られます。清めの塩とは、弔問客が自宅に戻ったときに玄関前で身を清めるためにまくものです。この清めの塩は現在では単体で手渡されることはあまりなく、受付のときに配られる香典返しに含まれていることが多いようです。