葬儀の基本的マナー

葬儀は、まず参列者が順に入場することから始まります。決められた場所に各自腰を落ち着けたら、葬儀委員長である世話役から開式の辞が述べられます。その後奏楽などをバックに僧侶が入場してきます。僧侶入場のときには一同は軽く一礼をし、椅子の場合には起立して頭を軽くもたげます。入場後、場が静かになったら僧侶の読経が開始されます。
読経は通常20分~30分程度の長さで行われます。この間を利用したり、または読経がすんでから、弔辞や弔電の披露となります。弔辞や弔電の内容については、文章を書き慣れていない人などは特に非常に悩むようですが、特に気の利いたことでなくても月並みな文句でも充分です。むしろ結婚式の祝電のように、気をてらっておもしろおかしく言葉を飾ってしまうのはマナー違反となります。質素な言葉でまとめましょう。葬儀での弔辞は巻紙に書き、奉書にくるんで持参するよう決められています。
葬儀で最も参加者が戸惑うのは「焼香」です。焼香にも当然作法があります。焼香を行う方法は、立礼と座礼とで若干の違いがありますが、基本的には同じ動作と思ってもよいでしょう。まず自分の番が来たら腰を低くして立ち、左手に数珠を持って仏前の手前に移動します。まず僧侶と遺族に一礼をしたら正面を向き、遺影と仏名を正視して一礼します。仏前にはゆっくり歩み寄り、合掌をして右手の親指と人差し指と中指の三本を使って額の高さに掲げて香炉の火の上におくようにします。